2015年12月09日

Star Wars-Episode 7- The Force Awaken-『フォースの覚醒』。みんなどれだけ心待ちにしてる?

2015年のクリスマス。
12月18日と、少しだけ早いクリスマスプレゼントに心はやる人は私だけじゃないはず。

そう。
Star Wars-The Force Awaken-『フォースの覚醒』がこの日公開スタートです!

もう色々な特集や情報が溢れていて
予告編も何通りも公開されています。

そんな中、一体どれだけの人たちが心待ちにしているのかが手に取る様に分かる動画がありました。
スターウォーズの予告編を見た人の反応が集められているものです。






ここではアメリカ版2作目と3作目の予告編のリアクションを紹介します。

自分だけではなく、たくさんの人が心待ちにしているこの作品。
みなさんのスターウォーズ愛がたっぷり伝わって来る反応に思わずにやにやしてしまいました(笑)

叫ぶ人もいれば感極まって泣き出してしまう人も居ます。
それだけ熱狂的なファンってことですね。

ではまず2作目の反応から…


これはね、もう最後のハンソロとチューバッカが出て来たときの反応の楽しさと言ったら!
自分も初めて見たときは声がでましたからね。
2作目の予告はようやくすこし映画の形が見えて来た作品なだけみなさんの食い付きがとても良い!

そして3作目の反応…




女性のファンも大興奮!
公開日が待ち遠しい!

Star Wars-The Force Awaken-『フォースの覚醒』
公開日は12月18日の日本時間では18:30より全世界一斉同時刻公開です。
大人気作品のなんと7作目!
是非観に行こう!
posted by Asha at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

スターバックスのカップのクリスマス度?

今年、2015年のスターバックスのクリスマス時期のカップデザインはシンプルです。

赤地にスターバックスのマークのみ!
starbucks-cup.jpg

このシンプルなデザインに文句をいう人が現れました。
なんでも『クリスマスを明確に祝うメッセージ性に欠ける。キリストを否定している!』そうです。
どうしたらそんな風に解釈が飛躍してしまうのかは分かりませんが、個人的にはもうこの赤色とスタバのマークの緑、そしてフタの白で充分クリスマスカラーなんですけども。。。

さて、それに対してのスターバックスの答えは、
『今年はすべての人に歓迎されるシンプルなものにした』『あらゆる宗教を信じる顧客を受け入れる』
でした。
この時期はクリスマスが主体だけども、本拠地アメリカには色んな宗教があるのでね。

もちろんこの指摘に対して多くの反応がアメリカ本国では巻き起こっています。






現在大統領選の共和党候補者であるドナルド・トランプ氏は
「トランプ・タワーの中にもスターバックスがあって大変繁盛しているが、こういった店舗はボイコットすべきなのだろうか」
と発言した。
何よりこの発言はキリスト教信者の多い州に対するPRだが、これはキリスト教以外の宗教徒には逆効果な気がする。

そしてEllen Showのホスト、エレン・デジェネレスは下記のようにこの話題を扱っている。

スターバックス用にホリディシーズン用のサングラスを作って、それを付けて店に入れば何でもクリスマス仕様になるよ!と。
でも、車の運転時には付けないでね。もしも付けたらキリストがあなたをさらうわよ。と注意事項も忘れずに(笑)

さらにThe Late Showのホスト、スティーブン・コルベアもこのように扱っている。

まず、キリスト教のシンボルは『雪』と『スノーマン』ですか、と。
そして、今となってはスターバックスはホリディシーズンを祝おうとしていない!クリスマスオーナメントカウントダウン用のカレンダークリスマス用CDクリスマスカードクリスマスクッキークリスマスブレンドコーヒー以外は!…て、かなりのクリスマスグッズありますね、店頭には(笑)
そして自分で飾り付けをしよう!と。

みんな、別に気にしてないのですね。
クリスマスを意識したデザインだろうと、スターバックスは利用するってことですね。
というか、たかがコーヒーショップのカップデザイン一つにここまでこだわる少数のキリスト教徒の人々によって、他のキリスト教徒のイメージが悪くなってたら可哀相ですよ。

みなさん、それぞれのクリスマスを楽しみましょう!
posted by Asha at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーがベータカセット生産終了を発表。隠れた?名機のベータ機を惜しむ。

ソニーが11月10日にベータカセットの出荷を2016年3月末で終えると発表した。
1980年代に家庭用ビデオ規格の主導権争いで「VHS」方式に敗れ、近年はベータのビデオデッキを持つ一部の顧客のためだけに生産していた。
ソニーはベータ方式のビデオデッキの生産は2002年に終了している。

出荷終了の原因としては、先にあるVHSとの規格争いで需要が失われ、年々出荷数が減少している点と、地上アナログ放送が終了し、地上デジタル放送を録画できないという点がある。






本来、VHSに比べて性能が良かったベータカセットであるが、発売当初の戦略の差や、録画時間の長さがVHSに劣る部分でそこまで普及せずに現在に至っている。

でもやはり『映像』や『音声』のクオリティーを重視するユーザーからの支持が根強くあるので、今回の発表を受けて、多くのベータファンが「ついにこの時が来たか…」という気持ちになっているのではないだろうか。

ちなみに、ベータに勝利したVHSも、DVDやブルーレイにより販売数が減っている。
多くのメーカーで既に本体生産を終了しているので、こちらのカセットの生産終了もカウントダウンに入っているのかもしれない…

なお、ベータカセット出荷終了にともなう問い合わせはフリーダイヤル(0120・000・488)で受け付けている。
posted by Asha at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。