2015年10月29日

エンテロウイルスの危険性と予防方法

2015年の8月以降、日本国内で、子供の発熱に伴うまひの症状がでる原因不明の症例が相次いでいます。
そして患者の一部から「エンテロウイルス D68」が検出され関係を調べています。

8月以降、47人の子供が同じ様な症状を出し、その内のサンプルのあった8人中2人から上記「エンテロウイルスD68」が検出されました。






【エンテロウイルス D68とは?】
1962年にアメリカで発見されたウイルス。
D68は100種類以上あるエンテロウイルスの中の一つで、このウイルスは手足口病やポリオなどの原因となるものでもあります。
主に感染しやすい年齢は生後2ヶ月〜11、12歳まで。

症状としては、鼻水、せき、発熱、のどの痛みなど、風邪の症状と変わらず、そして感染方法も風邪と同じく、くしゃみなどを介して感染します。
特に呼吸器疾患を発症しやすいのと、何より5歳以下の喘息持ちの子供の発症率が最も高いです。注意!
まひの症状が出る原因としては、酸素の欠乏が大きく関係しているものと思われます。

【過去の発症例】
2014年の8月から2015年の1月までの間、アメリカ国内で1153人が発症。その内14人が死亡。


日本国内の医師からは、「最も流行するのは夏から秋なので、これから大きく感染が広がるということは無いと思う」という言葉が聞かれましたが、上記のアメリカでの例を見ると、冬の期間でも発症する可能性は無いわけでも無さそうです。

今は秋のまっただ中。
まだエンテロウイルス感染の危険性は高い状況です。
予防方法は風邪と同じく『手洗い・うがい』です。
外から帰ったらしっかり手洗い・うがいを忘れずに!
子供さんが風邪になってしまった場合、エンテロウイルスD68の可能性を考え、早めに病院に連れて行って下さいね。
posted by Asha at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。